この記事について-
UWSCの記事について更新してくれとの要望がありましたが、
更新するめどが立っておりませんTT

理由は現在もオートが活躍中のためあまり必要ではない。
それと、正直なところ管理人のやる気が出ないため。
やる気についてはご期待にこたえられなくて本当に申し訳ないと思っております。

以上の理由でこのページの更新は後回し・・・となります。本当に申し訳ございません

ただし、スクリプトの残骸をアップロードしておきたいと思います。
多少知識がある方ならば、少しいじくって動かすことが可能です。
更新については少々お時間を頂きたく思います。

UWSC画像認識有効活用術とは

UWSCって何?と思う方もいらっしゃるかと思います。まずはUWSCの説明から。
UWSCとは、Windows自動化ソフトと言ってWindows上の動作を記録、再生できるソフトウェアです。
最も簡単な使い方は、記録した動作をそのまま再生させること。ただ、もう少し深く探ってみると、
もっと高度で複雑な指示を「スクリプト」を用いてテキストで読み出し、動作させることができます。
ここでは、スクリプトを使って指示を出し、自働で狩りができるようにしていきます。


UWSCで自働狩りの準備−必要ファイルのダウンロード


まず、使用するソフト「UWSC」をダウンロードしましょう。
UWSCのダウンロード
フリーソフトウェアとなっております。
ダウンロード後、任意のフォルダに解凍して下さい。

以下はチョコットランドチート情報館が独自に提供するスクリプトです。
2次配布はご遠慮下さい。
チョコットランドチート情報館スクリプト  VOL.1 ダウンロード

【スクリプトデータ内容】
○残骸
詳しい内容については、zipファイル内参照。

↓アンケート回答でウェブマネーが稼げるオススメサイト↓

実行してみよう


ダウンロードしたUWSC.exeを起動して下さい。

起動したら、工具マークをクリックし、ランチメニュー→ランチメニューの設定を開きます。


開きスロットルをクリックし、設定画面を開きます。
スクリプトファイルにチェックします。
タイトルには自分がわかり易いように名前を付けてください(ランチメニューに表示されます)
利用したい.uwsファイルを[...]ボタンから指定してください。
ランチメニューの設定が終わりました。

Ctrl+Wでランチメニューが起動します。スクリプト名をクリックすると、実行されます。


停止はSTOPボタンか、Alt+F2で停止します。


ざっと説明しました。スクリプトの使い方についてはこれでOKだと思います^^

↓クリック支援↓
↑クリック支援↑

チャットルーム

ご利用前にこちらをご覧下さい。

チート解説

相場検索